【実感力UP】ハーバルラビットの効果的な使い方や塗り方のコツとは

ハーバルラビット,使い方,塗り方,使用方法,量,効果的な使い方,

 

ハーバルラビットの使い方が知りたい?
1回につきどれくらいの量を使えばいいの?
実感力を高める塗り方ってあるの?

 


 

ハーバルラビットの正しい使用方法が気になるという人も多いですよね。このページではハーバルラビットの基本的な使い方や効果的な塗り方、実感力を高める為のちょっとしたコツや注意点について詳しく解説しています。よかったら参考にしてみて下さいね。

 

ハーバルラビットの詳細を見てみる

ハーバルラビットの使用方法とは?必要な量はどれくらい?

ハーバルラビット,使い方,塗り方,使用方法,量,効果的な使い方,

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの基本的な使い方

  • 1日2回朝と晩に使う
  • 使う量は1円玉大が目安
  • 黒ずみが気になる部分に塗り込む

 

ポイント

シャワー・入浴後に塗ることで肌が清潔な状態になって有効成分が肌に浸透しやすくなります。朝の外出前に塗ることで、肌が保湿され下着の擦れや摩擦から肌の負担を軽減することが可能に。乾燥が気になる場合はこまめに保湿しておくといいかも。

 


 

1日1回だと効果を実感しにくくなるので、面倒かも知れませんが朝・夜に意識的に時間を作って毎日継続して使用するようにしましょう。ハーバルラビットは全身に使えます。ワキ、乳首、ひざ、くるぶし、デコルテ、背中、ひじ、太もも、顔や唇周り等黒ずみが気になる箇所にはどこでも使えるのも便利ですね。

 

※まずは2カ月継続すること
肌のターンオーバーは人によって異なりますが、基本的に28日~56日周期です。黒ずみ解消効果が徐々に出てくるのが2カ月経ったくらいからなのでそれまでは朝晩2回をこまめに続けましょう。1本1ヵ月が目安となっているため、それくらいで使い切るのを目標とすればいいですね。毎日しっかりと継続することが大事です。

 

ハーバルラビットを使用するのにおすすめなシチュエーション

  • 脇の黒ずみを消してノースリーブを着たい
  • ヒザやくるぶし等の擦れやすい部分の黒ずみを消したい
  • デリケートゾーンやチクビの黒ずみを消して女として自信を持ちたい
  • Vラインの黒ずみを消して可愛い水着や下着を身につけたい
  • ムダ毛処理後のポツポツや乾燥を防ぎたい
  • 口周りの黒ずみを消して笑顔に自信を持ちたい
  • ニキビケアをしたい

 

ハーバルラビットを使う際はまずは正しい使用方法を守ることから始めましょう。自己流で使うと黒ずみ解消効果を実感しにくくなるので注意して下さいね。

 

ハーバルラビット体験談はこちら

ハーバルラビットの効果的な使い方を覚えて簡単黒ずみケア

ハーバルラビット,使い方,塗り方,使用方法,量,効果的な使い方,

 

しっかりと丁寧に馴染ませる

手の平にクリームを出したら1円玉大を指先ですくい取り、丁寧に馴染ませましょう。時間がないからと焦って適当に塗ってしまったりすると塗りムラが出来たりして黒ずみケア効果が半減してしまいます。面倒かも知れませんが、黒ずみが気になる部分はしっかりと指で伸ばして全体に馴染ませることが大切です。

 

粘膜には塗らない

デリケートゾーンに塗る場合、アソコの中までは塗らないように注意しましょう。膣内には、外部からの病原菌・雑菌から肌を守る常在菌が存在しているので、粘膜に塗るとこの常在菌を殺してしまい炎症やかゆみを引き起すことがあります。基本的にVIOゾーンのみにして粘膜は避けましょう。

 

引っ掻いたりこすったりしない

デリケートゾーンは角質層が薄い箇所のため、少しの力でもダメージを受けてしまいます。黒ずみを早く消したいからと力を入れて擦り込んだりするのはNGです。また、爪が伸びていたりすると誤って皮膚表面を引っ掻いたりしてしまうこともあるので気をつけましょう。指の腹を使って優しく馴染ませるのがコツです。

 

ケチらずに使用量を守る

使用する際には1円玉大の量をたっぷりと使用しましょう。クリームの持ちをよくしたいからとケチケチ使っているとせっかくの保湿成分や美白成分の効きが悪くなってしまいます。実感力を高めるためにも使用量をしっかりと守って、場合によってはちょっと多めに使うことで黒ずみケアも効果的に行うことが出来ます。

 

ちょっと広めに塗る

黒ずんだ部分からちょっとはみ出て多少広めに塗ることで塗りムラや塗り残しを防ぐことが出来ます。必要な範囲にしっかりとクリームが浸透するように気になる箇所周辺へ放射線状に馴染ませていきましょう。特にデリケートゾーンは範囲が広いので少しオーバー気味に塗るといいですよ。

 

スクラブで古い角質を除去してから塗る

厚くなった古い角質が残ったままクリームを塗ってもなかなか肌の奥まで美白成分が届きません。ハーバルラビットを塗る前に入浴時にスクラブで皮膚表面の古い角質を落としておくことで、クリームの有効成分の浸透力を高めることが出来ますよ。スクラブはやりすぎると肌を痛めるので週に1~2回程度で十分です。

 

実感力を高めるためのポイント

 

生活習慣を見直す

乱れた食生活や睡眠不足、運動不足といった不規則な生活習慣はターンオーバーを乱す原因になってしまいます。せっかくハーバルラビットを使っても根本の生活習慣が乱れていては全く意味がありません。黒ずみ解消効果を実感する為にも規則正しい生活を心掛けることも大切です。健康なお肌をつくるにはたんぱく質が必要不可欠です。

 

また、黒ずみのもとになるメラニン色素の増加を抑えるビタミンC等を積極的に摂ることで身体の内部から、黒ずみを予防することができます。

 

下着の素材にこだわる

面積が狭く皮膚に食い込むようなデザインの下着や、ナイロン製の下着は肌に摩擦を起こしやすくいので避けましょう。毎日の黒ずみケアをしていても、間違った下着選びをしていると肌に負担を与え続けることになります。それでは意味がありませんね。

 

  • 素材はコットンやシルクの素材を選ぶ
  • ウエストゴムは締め付けないものを選ぶ
  • サイズは少しゆとりをもたせて選ぶ

 

といった点を意識しましょう。特に運動時は摩擦も大きくなりがちなので擦れが少ないボクサータイプのショーツもおすすめです。

 

ムダ毛の処理方法に気をつける

デリケートゾーンのムダ毛処理はやり方を間違えると黒ずみの原因になるので注意が必要です。自宅で処理をする場合、『カミソリ』や『シェーバー』、『除毛クリーム』等を使いますが、これらで頻繁にセルフケアを行うと肌に負担がかかって乾燥・色素定着を招いてしまいます。自宅でムダ毛を処理する際は

 

  • 肌に負担の少ないペンタイプの電気シェーバー
  • レディース用のT字型カミソリでヘッドが動く3枚刃か4枚刃をチョイス

 

するといいでしょう。刃が多い方が一気に剃れるので何度も肌へあてる必要がない分、刺激も少ないのでおすすめです。

 

身体を洗う時にゴシゴシこすらない

デリケートゾーン部分の皮膚はとても敏感で薄いので、ナイロンタオル等でゴシゴシ洗ってしまうと黒ずみの原因になってしまいます。また、デリケートゾーンを洗う際は肌の刺激を避けるために肌と同じ成分の弱酸性の石鹸を使いましょう。普通の石鹸だとアルカリ性で洗浄力が強すぎるため、皮膚の乾燥を引き起こしてかゆみや炎症、色素沈着の原因になります。

 

洗い流す時も熱いお湯は肌の乾燥を招くので人肌より少し温かい程度のぬるま湯で優しく洗い流すのがコツ。 ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは使い方次第で効果に差がでますので

 

  • 正しく使用方法をしっかりと守る
  • 実感力を高める効果的な使い方を覚える

 

ことでより黒ずみケアがスムーズに進みます。ハーバルラビットを上手に使って黒ずみを解消しましょう。

 

ハーバルラビットで安全な黒ずみケアをしたい!
試しに使ってみたいけど使用感がどんな感じなのか気になる!
購入した人の口コミについてもっと知りたい!

 


 

そんな風に思っているのならハーバルラビットの本音口コミ体験談のページも是非読んでみて下さいね。管理人が実際にハーバルラビットを使った体験談やリアルな感想を包み隠さずぶっちゃけています。ハーバルラビットの使用感や効果が気になる方は是非購入する際の参考にしてみて下さいね(*^_^*)

 

驚きのビフォアーアフターをあなただけに大公開しちゃいます!

ハーバルラビット,使い方,塗り方,使用方法,量,効果的な使い方,

ハーバルラビット口コミ体験を読む

>>ハーバルラビットを今すぐ試してみる

関連ページ

効果
ハーバルラビットの美白効果や保湿効果、黒ずみケアにおすすめの理由について詳しく解説しています。
陰部や・ちくびへの使用
ハーバルラビットは陰部やiライン、粘膜、ちくびにも使えるのか、臭いには有効なのかについて解説しています。
口周りの黒ずみ解消
ハーバルラビットで口周りの黒ずみが解消出来る理由やおすすめのポイント、口周りの黒ずみの原因について解説しています。
目のクマやニキビ跡の解消
ハーバルラビットで目のクマを消せるのか、ニキビ跡の改善に効果的な理由や成分について解説しています。
効果がない時の対処法
ハーバルラビットが効果なしという場合の原因や驚きの理由、黒ずみ解消に必要な期間について解説しています。
芸能人
ハーバルラビットを愛用している芸能人や読者モデルの口コミや黒ずみケアにオススメな理由について解説しています。